新年度に向けて

新年度に向けて

2月県議会も終わり、新年度が始まります。新年度は佐竹県政2期目の最終年度であり、これまでの県政運営の成果をこれまで以上に目に見える形で出していかなければならない、そんな年だと思います。地方創生加速化交…

続きを読む