十二月議会は十一月二十八日に開会し、初日の本会議では、地方創生に向けた施策の展開

、医療提供体制の充実強化、火山防災対策、「あきた結婚支援センター」や、「第2期ふ

るさと秋田元気創造プラン」に基づく事業、経済・雇用対策等の補正予算などについて知

事の説明が行われました。一般質問では十二人の議員が、地方創生、人口減少問題、農業

問題、医療政策、教育問題などについて県当局の説明を求めました。

可決された主な議案は次の通りです。

 

◎平成二十六年度一般会計補正予算

補正額は二十二億三千七百二十七万円で補正後の総額は六千百五十四億四千百五十三万

円となります。補正予算の主な内容は、「衆議院議員選挙の要する経費」「地域医療介護総

合確保基金への積み立て」「農業経営の規模拡大や農地の流動化の促進に要する経費」「秋

田スギ乾燥製品を使った住宅建築への助成に要する経費」「木質ペレットストーブ導入へ

の助成に要する経費」「緊急雇用創出等臨時対策基金積立金」等であります。

◎秋田県人事委員会委員の選任

◎秋田県教育委員会の委員の任命  岩佐信宏

条例関係では

◎一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例

◎県議会議員の議員報酬等に関する条例に一部を改正する条例

◎知事等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例

◎市町村立学校職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例案

◎教育長の給与及び旅費等に関する条例の一部を改正する条例案

人事委員会の給与等に関する報告及び勧告に鑑み、期末手当等の額を改定する

◎秋田県地域医療介護総合確保基金条例

地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律に基づく事業に充てる資

金として基金を設置

◎秋田県認定こども園の認定の要件に関する条例の一部を改正する条例

認定こども園の認定要件について所用の規定の整備を行う